FC2ブログ
色々な国を旅してみませんか?
11 < 2018/12 > 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブの教室 2011年3月

2011-02-14 (Mon) 10:50[ 編集 ]
2011年3月6日 久しぶりの萩尾エリ子先生のハーブの教室です!

2月に教室の募集を始めました、あっという間に満席で通常と違って午前一回、午後1回、、2回の教室を定員15名のいつものサロンに窮屈ですが20名でやっと御希望の方をお受けできたほど好評です!!

エリ子さんの魅力で皆さん本をお読みになったり、蓼科の『ハーバルノート シンプソンズ』に行ってエリ子さんからレッスンを受けた方たちがまたお話をお聞きになりたかったり、お目にかかりたかったり!と申し込みが殺到しました。思い起こせが、今から30年の月日が流れましたが、この私自身も同じ想いで蓼科に通ったことが思い出されます。

2011年11月のロンドンの住宅街のスーパーマーケットの野菜売り場の棚!

2011.11 London  Herbe pot

フレッシュのハーブ 袋入り
 !!

2011.11 London  Herbe

フレッシュのハーブ キッチン用鉢植え !!




1980年ごろから八ヶ岳に通い始めました。以前の仕事が大変ハードなスケジュールでストレス解消に時間ができれば夜中でも車を走らせ原村に行ったものです。そこで カナディアン・ファームのハセヤンを訪ね、一緒に畑をしている知人のペンション「ながぐつ」の飯田さんを紹介していただき定宿となりました。飯田さんの畑やお庭のハーブ大好きで、音楽の流れる絵本の本棚の前に座るのも八ヶ岳通いの原因です。 ちょっとした時間が空くと蓼科に行きたくついに27歳で自動車免許を取るために1982年教習所がよいが始まりました。

それからは、自分の運転で八ヶ岳に通い始め、「ながぐつ」のオーナーの飯田さんの紹介でハーブショップの「ハーバルノート」のエリ子さんと出会いました。 初めて知ったハーブに夢中になりいろいろなハーブを自宅の屋上などに植え、一時期は200種類近く育てました。それもこれもエリ子さんとの出会いがあり、ハーブのすばらしさを学んだおかげです。

1982年、ハーブの育っている場所を訪れたくてエリコさんに教えていただき、フランス、英国のガーデンや畑めぐりが始まりついにフランスでのホームスティを始めました。帰国してまもなく、ハーブティも扱う世界のお茶「ラ・メランジェ」を1988年にオープンさせました。

フランスに少しの間ホームスティさせていただいた弥生さんとの出会いも、彼女がお茶が好き、ハーブ、スパイスをお料理に一杯使う方だったのも今のメランジェの基礎になっています。

ですから、皆さんが萩尾エリ子先生に学びたい、会いたい!!という気持ちはとってもよくわかります!30年前の気持ちを思い出させていただきました!!

この教室でまた30年前の私のようにハーブに魅了される方が生まれることを祈って!!!


トラックバック

http://lamelangee.blog19.fc2.com/tb.php/93-02740f4b

 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。