色々な国を旅してみませんか?
10 < 2017/11 > 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいフォスファームハウス 「 離れ 」

2008-09-06 (Sat) 05:49[ 編集 ]
庭におおきな建物が二棟!

11.jpg

外観はいままでの母屋と違和感がありませんが中は?

12.jpg

こんなにモダンなシステムキッチンです。
母屋はキャロンが料理をして宿泊と2食付ですが、この離れは自分たちで料理をして楽しむタイプの滞在型です!

13.jpg

バスルームもとってもモダンです。
母屋はすべてアンティックで椅子もテーブルも、ベットもバスタブも!
あなたはどちらが好きでしょうか?







この新しい建物で2005年 メランジェツアーでスコーン教室を開催しました。

そのときのレクチャーを受けた人々にキャロンは修了証書を記念に作成してみんなに一人一人授与式をしてくれました。彼女はとても日本的な考え方を理解していてお客様がなにを喜んでくれるかよく知っています。日本の旅館の女将のような気配りがある小さなホテルです。日本人がたくさん泊まったホテルと英国観光庁からBest Of The Hotelに選ばれたのも古きよきイギリスの田園生活と心地いいサービス両方に下さったと思います。

私にも彼女はレクチャーの終了証書授与してくれました!
9.jpg

彼女が教えてくれたスコーンに参加者は大満足のようでした。
美味しそうでしょ!

10.jpg

いつもキャロンが到着して私たちを迎えてくれる玄関のドアはまた再び訪れたくなる特別な時間をすごす魔法のおうちの扉のようです。
ルイス・キャロルの「 不思議の国のアリス 」を愛読書に育った私にはワンダーランドの入り口かもしれませんね!

14.jpg

また、行きたいと思っています。 キャロンがいつもこのドアをきれいに飾りつけて皆さんを待っていますよ!  このキャロンが11月 日本にやってきます。皆さんに英国のスコーンを日本で知ってほしくて!英国に行かないで京都でクリームティ 味わってみませんか? 詳しくはキャロンのレクチャをのところから!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lamelangee.blog19.fc2.com/tb.php/65-3a9291f7

 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。