FC2ブログ
色々な国を旅してみませんか?
11 < 2018/12 > 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正山小種は、ラプサンスーチョン???

2007-07-23 (Mon) 01:30[ 編集 ]
7月もあと少しで終わりです。
あっという間の1ヶ月! 時間がどんどん過ぎて行きます。

6月6日より13日まで中国を旅してきました。観光旅行だと嬉しいのですが、残念ながら鳳凰単叢から帰り中2日でまた中国という強行スケジュールの仕入れ旅行です。

1999年5月 布目先生と一緒に行く「福建省烏龍茶の旅」で初めて武夷山に行って早、8年の日々が過ぎました。武夷山九曲渓 このもっと奥に正山小種の山地がある。このときに大変興味を持って通い始めました。
昨年5月に初めて製造を見る事ができ、今年は1ヶ月遅くに出かけて行く事にしました。それは出来上がった紅茶を松の木で薫煙するところを見るためです。

まずは、審査室でテスティング!

20070723005251.jpg


会社に貼られている正山小種サンの茶畑分布図。

地図

詳しいお茶については、オーナー「お茶紀行」の中国紅茶の
http://www.melangee.com/colums/travel/t26.html

ここを見てください。今年の詳しい正山小種はゆっくりまた「お茶紀行」に書きたいと思っていますが、ますます複雑で正山小種はラプサンスーチョン??とタイトルに書いたように年々複雑になって訳がわからないことになりそうなのでちょっと書き留めておきたいと思っています。
メランジェのショップのHPの中国茶新入荷で名前はすでにUPしていますが茶葉の写真をUPします。

特級


これは、有機 正山小種 龍眼香(特級)

 煙


これは、有機 正山小種 松煙香 1級

20070723014106.jpg


正山小種 伝統 ちょっと特級とは葉の大きさが違って、大きなOPです。

特制 高山


これは、試飲したとき後に大変香りが残りびっくりしてこれは何でほかと違うのですか?と質問したら、高山  1500~1600mの高いところで自然の茶葉を摘んで作っているので貴重なお茶だと説明受けました。 貴重といえば、仕入れていませんが大変高価な「金駿眉」 「銀駿眉」という新芽の金芽や銀芽が一杯入っているお茶も作っています。

ウーロン


今回お気に入りの烏龍茶です! ここ桐木村で作られる烏龍茶です。武夷岩茶は400mぐらいの岩場で作られていますが、これはもっと高度の高いところの茶葉で作られた有機栽培の烏龍茶です。

キャサリンが紅茶ができる前の時代に英国に持っていったBOHEAは紅茶でなく烏龍茶では?といわれていますが、」今では紅茶の産地の烏龍茶と後から増えたアイテムのようになっています。

農家製


農家の生茶葉

生葉

農家で作られた「毛茶」(荒茶) ちょっと収穫の違った2種類のお茶。

荒茶

こういう荒茶を丁寧に要らない葉、軸などいろいろより分けて正山小種が出来上がります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lamelangee.blog19.fc2.com/tb.php/48-acacfa15

 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。