色々な国を旅してみませんか?
10 < 2017/11 > 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア Ⅱ

2006-10-04 (Wed) 03:42[ 編集 ]
  メランジェを開店して数年たったころ旧ソ連の崩壊があり、教室用の地図や地球儀を買い換えたのを思い出します。

このころパリのマリアージュ・フレールでUSSRのバックスタンプがついた陶磁器のコーヒーカップを購入し、ソ連のお茶はどのようなものでどうして飲むのかな?と思ったのを思い出しました。

TVで食糧不足、店にの棚には食料品がなく、マクドナルドがオープンしてたいへんな行列ができているのを見たりし、行く前まではこんな記憶も思い出しソ連??ロシア!!どんな国かな?認識がなくていろいろ本を買い込んでの旅でした。

行く前の印象とまったく違いたいへんモダンで洗礼されていて驚きです!サモワールでお茶を飲みたい!そんなことは町を歩く限りでは見つかりそうにありません。そこで行く前からモスクワから200K近く離れたサモワールの作られている町トゥーラに行くことをアレンジしました。到着した次の日早速この町に行きましたが残念ながら博物館にいっていろいろなサモワールを見ただけで実際にお茶をサモワールでいただくことはできませんでした。このモダンなモスクワで旅行者として町でお茶を飲むと他の国と同じでカップで紅茶をサービスされます。そこで事前にリクエストした私達のためにウラジミール先生がアレンジしてくださったレストランでお茶の時間です!

tea2


こんな看板がかかったレストランへ!
tea3

お店の前のメニューです!こんなクラッシックな店もモスクワには存在します。でもマックカフェなどの現代風の店もたくさんあります!


tea4


店内は昔のモスクワの商売で成功した人の写真がノスタルジックに飾られ古きよき時代のモスクワを再現してあるようです。


tea5


ここでサモワールを使ったティタイムをセッティングしてくださっていました。次回はサモワールを使ってのお茶の時間の紹介をしますね!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lamelangee.blog19.fc2.com/tb.php/30-9e5ba2fc

 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。