色々な国を旅してみませんか?
08 < 2017/09 > 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ気になるもの Salep

2006-04-06 (Thu) 02:03[ 編集 ]
2006年2月 トルコのイスタンブールにて

以前お茶紀行のトルコ版で書いたSalep!
今回純粋なサーレップの粉を売っている店で購入した。Salepとはなにか??以前帰国して調べたところ蘭の一種でした。


salep


こんな花が咲くようです。これを絵に描いたものをWebで見つけました。


Salepという箱入りでいろいろな店で販売されています。 私のイメージでは、日本の葛も高価なのでよくジャガイモから作られたスターチ(片栗粉)を代用に使ったりするのと同じく他のスターチにミルクや砂糖がすでに混ぜられたものがインスタントで売られています。このサーレップも球根を使うため高価で代用品で名前だけがSalepと書かれているようです。これは色が白い粉が入っていますが本当のものは、

2006 02 Turkey


中は写真では見えませんが、すこしベージュがかった色の粉です。これはトルコで有名なノビルアイスクリーム(ドンドルマ)やナル二ア国物語でもでてくる『ターキッシュ・デライト』トルコではロクム(Turkish Delight, or lokum)
などの食感がこの粉で作られている。
salep flower



偶然エジプシャンバザールのなかの店でドライの球根をつるしているのを見つけもらって帰ってきた

サーレップ 球根


サーレップ 球根2


蘭の専門家の先生にお見せしたら、こんなに小さい球根たべていたら絶滅しそうだね!と言ってられました。salep cup


グランバザールの”Salep ”うえからたっぷりのシナモンがかけられています。冬のトルコのメニューです。体を暖め、喉によく滋養にもよくオスマントルコの時代から飲んでいるとのことです。この植物はアナトリアの方の石灰質の土地のものが香りが良いそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lamelangee.blog19.fc2.com/tb.php/12-2998db76

 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。