色々な国を旅してみませんか?
08 < 2008/09 > 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今一番気に入っているお茶!

2008-09-13 (Sat) 04:44[ 編集 ]
ここ2年、マイブームのお茶が『 桐木ウーロン茶 』。

私が好きな100年以上たった中国種の茶樹で作ったダージリンのように、実生(種から育った木)の茶の木はいろいろなタイプの木が育ちます。最近インドやスリランカの紅茶園で多いクローナル種はいいお茶をどんどん挿芽して増やすので美味しいお茶ができますが複雑味が弱く私は種から増えていった茶で作ったお茶が好きです。
正山小種の産地、福建省武夷山星村鎮桐木村ここは世界遺産の武夷山からもっと高い山深く入っていった特別自然保護区の中の村です。


2008.06 china -1 (962)

武夷山  岩茶を作っている世界遺産の風景区の景色です。


3世界遺産

風景区から車で1時間から1時間半川沿いの道をどんどん山深く進んでいくと桐木村です。

こんなところで作られたお茶!  正山小種でもなく! ラプサンスーチョンでもありません!


正山小種 (54)

岩茶でもありません!  でも烏龍茶です。

香がよくて味わいもよくその国家特別自然保護区の中で無農薬、有機栽培というとっても貴重なお茶です!!

続きを読む »

スポンサーサイト

新しいフォスファームハウス 「 離れ 」

2008-09-06 (Sat) 05:49[ 編集 ]
庭におおきな建物が二棟!

11.jpg

外観はいままでの母屋と違和感がありませんが中は?

12.jpg

こんなにモダンなシステムキッチンです。
母屋はキャロンが料理をして宿泊と2食付ですが、この離れは自分たちで料理をして楽しむタイプの滞在型です!

13.jpg

バスルームもとってもモダンです。
母屋はすべてアンティックで椅子もテーブルも、ベットもバスタブも!
あなたはどちらが好きでしょうか?







続きを読む »

フォス・ファームハウス

2008-09-06 (Sat) 05:24[ 編集 ]
3.jpg

こんな建物をお母様と二人でいろいろ改造して作り上げたと聞き驚きました。時間が止まったようなお庭でお茶をするのも楽しいですよ!

6.jpg

裏にまわると丁寧にガーデニングしてあり周りは牧場や自然の野原ですが、田園風景の中でもイングリッシュガーデニングは心和みますね!

続きを読む »

英国田園風景 !

2008-09-06 (Sat) 04:41[ 編集 ]
久しぶりにイギリスのキャロンからメールが届きました。

15


 2005年秋にメランジェと横浜の紅茶教室の主宰をしている川谷先生と共同企画で「英国お茶の旅」
をしてキャロンの経営しているフォスファームハウスに2泊宿泊して以来あっていない。

今、ANAのHP [analatte] でキャロンのスコーンつくりのレッスンが紹介されている!との連絡でした。
久しぶりに京都でキャロンのスコーン教室を開催することになりました。
今までメランジェでも長野の桜井甘精堂の栗の木テラス(英国ティルーム)でも何度か開催しましたがたいへん久しぶりです!  詳しくは教室のご案内を!


1.jpg

最近のキャロンの笑顔が紹介されています。

Scone 作りの旅の紹介

もし今年の秋に英国旅行を計画されている方が居られたらぜひ行ってみてください!

行きかたはここに!

キャロンのホテル


キャロン・クーパーさんのスコーン教室&ハイティパーティ

続きを読む »

1988年9月3日に生まれて、はや20年 ! 

2008-09-04 (Thu) 12:32[ 編集 ]
450 象マーク

お蔭さまでメランジェの象は成人式を迎えさせていただきました。
多くの方に支えられてやっと二十歳です。

1988年フランスから帰ってたった3ヶ月でメランジェを作りました。今思えば大変な冒険です。

この店のデレクターとインテリアデザイナーと3人で東京のデザイン会社に出かけ、店の名前そしてこの象のマークを決めたのが20年前です。

それ以来この象のマークとともに歩んできました。
お茶の仕事をするかぎりこの象とともに歩んで行きたいと思っています。
皆さん今後ともこの象のマークよろしくお願いいたします。


                             2008年9月4日  ラ・メランジェ  松宮美惠




 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。