色々な国を旅してみませんか?
07 < 2007/08 > 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nepal Oolong Tea って何?Ⅱ

2007-08-02 (Thu) 04:04[ 編集 ]
ネパール・ウーロンの話の前半を書いた後、ちょうど「ChaChaChaサロン」で坂田先生のお茶の発酵と香りの話をお聞きしました。

このネパール・ウーロン茶昨年はじめてのネパールでめぐり合ったお茶ですが今までのネパールティとまったくイメージが違ったお茶です。

このティファクトリーは大変綺麗に整頓され萎凋溝には白い布が引かれています。前回の最後の写真が萎凋溝です。私がカメラを持ってその横に立っているのはスリップスを写真に収めたかったのですが早い動きで写真には取れませんでした。

今回の坂田先生の講義の中でダージリンのセカンドフラッシュのマスカテルフレーバー、東方美人の蘭のような香りこれは、チャノミドリヒメヨコバイ(ウンカ)の害によって茶の葉のストレスやいろいろな原因で発生してくる香りと害虫と香りの話をしてくださいました。

もうひとつ最近では、チャノキイロアザミウマ(スリップス)も大きな役割をしていると聞きちょっとこのBlogでの後半にこのこともぜひ書きたいと思っています。


20070802034529.jpg



若い女の子が、お茶の周りに座って手で茶葉を揉んでいます。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。