FC2ブログ
色々な国を旅してみませんか?
10 < 2018/11 > 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブの教室 2011年3月

2011-02-14 (Mon) 10:50[ 編集 ]
2011年3月6日 久しぶりの萩尾エリ子先生のハーブの教室です!

2月に教室の募集を始めました、あっという間に満席で通常と違って午前一回、午後1回、、2回の教室を定員15名のいつものサロンに窮屈ですが20名でやっと御希望の方をお受けできたほど好評です!!

エリ子さんの魅力で皆さん本をお読みになったり、蓼科の『ハーバルノート シンプソンズ』に行ってエリ子さんからレッスンを受けた方たちがまたお話をお聞きになりたかったり、お目にかかりたかったり!と申し込みが殺到しました。思い起こせが、今から30年の月日が流れましたが、この私自身も同じ想いで蓼科に通ったことが思い出されます。

2011年11月のロンドンの住宅街のスーパーマーケットの野菜売り場の棚!

2011.11 London  Herbe pot

フレッシュのハーブ 袋入り
 !!

2011.11 London  Herbe

フレッシュのハーブ キッチン用鉢植え !!




続きを読む »

スポンサーサイト

A Happy New Year 2011 !

2011-01-03 (Mon) 16:55[ 編集 ]
201<span style=文字色0.03 France (123)" border="0" width="500" height="375" />
公現節 (エピファニー

1月6日  三人の賢者がイエスの誕生を祝してお祝いに駆けつけた日です。丁度クリスマスから12日後の日です。

これを記念してフランスでは「ガレット デ ロア」という美味しいパイ菓子をこの日から1月いっぱいぐらい書くパティスリーやブーランジェリーの店頭で販売されこれをいただきます。 子供たちは1月いろいろな方からお土産にいただいたりするのでそのたびに楽しみにケーキをカットして食べます。その中にフェーブと呼ばれる小さな人形や動物などが自分に配られた一切れの中に入っていればその日一日自分が王様や王妃さまになれます。日本でもここ数年いろいろな店で販売されるようになっていますね! ぜひ皆さんも楽しみにガレットデロアを召し上がってて見ませんか?

鳳凰単叢の茶師 

2008-02-02 (Sat) 13:36[ 編集 ]
茶師



茶師  陳  浩楊さんと一緒に、ウードン山で一緒に木の大きさが分かるようにと写真をとりました。

見ていただいたら分かるよう若い方です。でも舌がとてもよく、味覚が優れています。
食事にご一緒しても驚くような味覚の天才です。

私と同行してくれた友人の間ではお茶の名人でなく彼のことを 『 天才 』と呼んでいます。
もちろん本人はご存じないですが。 お茶は必ずしも経験だけでなく今からは知識、技術そして舌、これは料理やワインなどいろいろな世界でもそうだと思います。 どんどん若くて感性がありいろいろな方からの経験を受け継ぎ自分でどんどん試す!
お茶の世界も変わってきているのですね! 彼は本当に良いお茶を作ります。これからが大変楽しみな茶師です。

彼が2007年5月に製茶した、鳳凰単叢は今、年を越えて飲み頃になって来ています。
1月から京都は寒い日が多くつい贅沢にマグカップで高級な鳳凰単叢をのんでいますが、良いお茶はどんな飲み方で飲んでもおいしいです。

 至福のお茶の時間は身体も心も暖かくなります!

2008 A Happy New Year !

2008-01-02 (Wed) 01:01[ 編集 ]
ヒマラヤ


インド ダージリンのタイガーヒルから見たヒマラヤの朝日(朝焼けですが!)


皆さん 明けまして おめでとうございます。

新しい年がスタートしました。

太陽が昇るということを都会に居るとあまり意識せず毎日を過ごしていませんか?

仕事でインドやモロッコに行き山の高いところや、砂漠で朝日が昇るのを見ると毎日太陽が昇ってくる事の偉大さを再確認してしまいます。当然のように受け止めていますがもし太陽があがらなかったら暗黒だし、寒いし!!植物も育たないし本当にありがたい事だとしみじみ感謝してしまいます。

日本に居ると年に一回年末から新年を迎え元旦にいろいろな場所やTVの中でご来光を拝みます。
新年を迎え地球の上に私たちが自然とともに共存している事を改めて考える新年の初めの日でした!  
今年も地球が健康である事を祈りたいと思います。

お茶の産地 いろいろ

2007-04-25 (Wed) 22:51[ 編集 ]
ここ数年体力があるうちにと!

いろいろな国の茶畑を何かに追われるがごとく走り回っています。


いつまで平和が続くのか?行けるうちに!アッサム、ダージリンスリランカ、インドネシア、そしてネパールの茶畑に!

どこでも思う事はいろんな国の人たちがお茶を自国での需要が増えている事です。最初は英国がお茶を作り始めたところでも必需品になってきています。昔はイギリスがお茶の流通を支配していて、だんだん時代とともに変わって行きそれとともにお茶の生産する、販売するターゲットに合わせて製茶が変わってきているように思います。

皆さん、昔と気候が違うから!と一言で片付けてしまう人もいますがそれだけではないと思います。買う国のニーズに合わせて売れるものを作っていくのも変化の一つだと思うませんか?

Jun



みんなダージリンは高く売れるのでダージリンのようなお茶! ウーロン茶は高く売れるからダージリンではウーロン茶を!緑茶は健康にいいのでどこの国でも緑茶の生産を!

いま、ワインも同じ事が起こりつつあるように思っています。

地球上いろいろなものがあって良いし、みんな同じようになる必要はないと思いませんか? よりその国らしくその民族らしく!

それでこそこんなに電波が進み交通も便利に進歩し自国にいても旅したような気分になれる環境を利用して輸入されたお茶を飲みその国の文化に浸ることができるグローバルな時代の生活ではないでしょうか?

わたしは時々、コンピューターを使って、「世界の窓」や「Google Earth」 で世界の景色を見て、いろいろな国のお茶やお菓子、ワインや食べ物を楽しんでいます。

中国のお茶、日本のお茶、インドのお茶、スリランカのお茶、アフリカのお茶、インドネシアのお茶 それぞれ違ったところで違ったおいしいものを研究しつつ個性を持った伝統的なお茶も作り続けてほしいものですね!  

ここ2ヶ月前に5年間がんばってメランジェを担当してくれていた店長が引越しで退職いたしました。いままで店長とオーナーと別な仕事を担当していたのですが昔(いつのまにか20年!)のようにわたしが店長の仕事兼任する事になりオーナーの仕事のお茶園めぐりが3月から始まりるのですがいけていません。一気に5.6.7月に集中します。

オーナーお茶紀行、店長日記 ともに読んでくださいね!違った観点で仕事を両立させねばならないので大変かと思いますが当分スタッフが育つのを楽しみに兼任したいと思っています。
また早く趣味であり、仕事である茶園めぐりをスタートしたいと思っています。


クリスマスの想い出

2006-12-22 (Fri) 00:56[ 編集 ]
12月になってあっという間に日が過ぎてゆき、もうクリスマスが目の前です。

毎年12月の後半はオリーブオイルの輸入(ただいま900本輸入のうち830本すでに予約済み!!)、そしてクリスマスティの販売、お歳暮の販売、ガレット デ ロア (フランスのお菓子)の予約受付と目の回るような日々をすごしているためクリスマスの実感はなかなかありません。
ただいままだ、オイル、ガレットデロア 予約受付中です!!

http://www.melangee.com/shop/food/index.html


ふっと一息ついて思い出したのが19年前の12月。

1987年12月10日 クリスマスを海外で経験したいという長年の夢が叶いフランスへホーム・スティさせていただくことになりました。このころ一時期日本からフランス行きは90日のVISAが必要で3月10日には帰国するチケットをもってパリに行きました。


それまでヨーロッパは、何度か行っていましたがクリスマスシーズンは初めてです。 行ってすぐにクリスマスツリーの木(サパン ド ノエル)を滞在先の家の弥生さんと一緒に見に行きました。七夕の笹を日本では買いに行きますがフランスでは根がついていない「 サパン ド ノエル 」をスーパーマーケットなどに買いに行きます。初めてでたいへん驚き1年でこんなには大きくならないのに毎年切った木を買うなんて!!
とまず驚きました。 

その次に日本では考えられないのですが市役所など公共の建物がイルミネーションで夜たいへん美しいことです。でも冷静に考えると日本では、お正月にしめ縄や門松を役所に飾ったりするので一緒かな?とも思いますが!!

最後に驚いたことは町中パーティや夕食会でにぎわう日本と違ってイブの夜はし~~~んと静かにおごそかに家の中で家族や友人と夕食をとります。プレゼントされたりプレゼントいただいたりと家族だけでなく親しい方の家を訪問したりしてプレゼントやカードを交換したりします。

というわけで12月10日にパリについてからの2週間クリスマス準備が忙しく町に出たり、飾り付けの用意で大忙ししたことをふっと思い出しました。

続きを読む »

今までのお茶の常識

2006-09-01 (Fri) 03:01[ 編集 ]
   
   いろいろ考えること

 ・レモンティはアメリカが考えた飲み方でしょうか?
・アイスティはいつから飲み始められたのでしょうか?
 ・煎茶はいつから冷めたお湯を使い始めたのでしょうか?

 気ままに、思いついたテーマで、自分で問いかけていこうと思います。たまには、写真のないのもいいかな?と文章を徒然に書き始めようと 思います。ご意見や情報くださいね!

 9月はメランジェのバースディ、毎年9月3日になると初心忘れるべ
 からず!とお店を開店する前にいろいろお世話になった方、お店であ
 って親しくなった方、店のお手伝いをしてくれた過去のスタッフたち
 に感謝を!! 9月4日からは19年目に突入です、何とか20周年
 を迎えたら少しメランジェが歩んできた道を書き記したいな!と思っ
 ております。どうぞよろしくお願いいたします。

 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。