FC2ブログ
色々な国を旅してみませんか?
09 < 2018/10 > 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒くなりました! 暖かいお茶が!

2009-09-21 (Mon) 11:27[ 編集 ]
数年前になります!

ロシアンティ? 今はロシアではどんなお茶をどのようにして飲まれているのでしょうか?

という疑問で友人とロシアに行ったときの思い出の絵です。


タイトルは「商人の妻」 大変有名な絵ですがいろいろカットして部分だけ使ってあったりするので美術館で見たときは後ろに隣の家のサモワールが書かれていたりして全景の絵を拝見して驚きました。
というのもほぼ正方形のキャンバスでいろいろ本に使われるときに縦長だったり横長だったりして絵の紹介よりある時代のロシアンティの様子を紹介するのにお茶の本に使われ目にするけれど全景が紹介されていないことが多かったのですね!


Kustodiev_Merchants_Wife.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト

パリの紅葉 !

2008-11-04 (Tue) 02:31[ 編集 ]
2007年10月 パリのマレ地区であまりにきれいな蔦の葉に思わず釘づけになりました!

緑と赤のコントラスト、すべて赤でないのがまたより鮮やかで日本と違った紅葉を楽しみました。

今年の日本の紅葉時期になりあっという間に過ぎてしまった1年前のパリの写真を思い出しUPしました!

2007.10 Paris -2 (165)



緑もいろいろで赤を引き立てています。

2007.10 Paris -2 (164)



赤は赤でいろいろ表情があり自然の営みを感じる季節ですね!

冬の準備を始めてそして春また新しい新芽のためにエネルギーを蓄える。

植物の力に驚かされることが多い今日この頃です。

皆さんも自宅や職場の近くの木を一度見上げてください。
木だけでなく木の足元の草花もすっかり秋になり冬の身支度をし始めています。

いつもと同じ生活をすごしても毎日変わっている自然、こんなことを町の中にいると忘れがちですが確実に毎日変わっているのです。



朝 陽

2007-01-01 (Mon) 08:09[ 編集 ]
 
 
morocc 朝陽


  あけまして おめでとう ございます。


  本年もよろしくお願いいたします。

    毎日新しい太陽が昇ってきます。砂漠でも茶畑でも都市のビルの間からも、でもヒマラヤの山やアフリカ大陸の砂漠の砂の中など大自然の中で現れる太陽を見ると、朝陽が昇るということは本当に偉大なことと感じます。

茶畑のあるヒマラヤ山脈の前にあるインド・ダージリンからタイガーヒルというところに車で行き、朝日とヒマラヤ山脈を照らす太陽を見ます。朝3時や4時に行きます。何回かわたしも行きましたが、毎回昇ってくる瞬間にたくさんの人々から大きな歓声が上がります。

同じ太陽を毎日京都でも見ているのですがこのときはずーと暗闇の中から昇ってくる太陽を心から待っています。

そして太陽が昇るとなぜか熱いものがこみあがってきます。自分の中に自然のサイクルが組み込まれていて、生きていることが自然なかのひとつと感じる一瞬があります。

でも太陽が昇り明るくなってくるとまた日常にもどり今の一瞬をすぐに忘れてしまいます。もし明日太陽が昇らなかったら?なんて考えられないことですが夜がおわり朝が来るこんな当然のように思っていることがふっと旅先で朝日を見ることで太陽は本当に偉大で自然は本当にすばらしいと感じることができます。

皆さんもどこかに旅するときは朝日を見に早起きしてきてください。普段の生活で忘れていたいろいろなことを思い出したり考えたりします。

わたしも、昔小学生のころ修学旅行にいって伊勢の二見ヶ浦でご来光を見たことをふっと思い出しました。

蓮の花のシーズン

2006-08-07 (Mon) 00:50[ 編集 ]
 明日から日本中お盆のシーズンです!

お供えのお菓子も蓮の花と蓮の葉の型の物が店頭でも並び始めます。
仏様にお供えはもちろんですが蓮池の中にも美しい花が咲き始めました。

昨年行ったベトナムのハノイの蓮の花の写真を皆さんに見ていただきたいとおもいます。

ハノイの蓮0


ハノイの蓮茶を作る蓮の花の蓮田


ハノイの蓮1


蓮の花。。。白いおしべで蓮茶に香りを着ける。

ハノイの蓮2

続きを読む »

コロニアルな建築物

2006-07-21 (Fri) 00:38[ 編集 ]
インド・ムンバイのヴィクトリア駅

ヴィクトリア駅


世界遺産に登録された駅。現在の名前は、チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス (CST駅)

英領時代のコロニアル建築です。スリランカに1991年はじめていったとき思わずコロン場の町がロンドンでは??と思われるほど英国の力を感じました。いままでインドは幾度となく訪れたのですが、デリーやコルカタに比べてこのムンバイ(旧 ボンベイ)はヴィクトリア時代のコロニアル建築物が数多く残っている。今も使っているのがすごいですね!

すてきな顔

2006-07-21 (Fri) 00:18[ 編集 ]
新しく仕事に関係なく思わずシャッターを押した写真を紹介していきたいと思っています。

Madam  Morocco


いろいろな国を旅すると素敵に歳を重ねた方にめぐり合うことがあります。

いろいろ都会の中で生き抜いている素敵な顔のかたに会うこともありますが、素朴な自然な生活をしている人に会うとシンプルに自然と向かい合って生きることはもっとも人間らしく素敵に歳を顔に重ねることができるのでは??とあこがれてしまいます。

これも自分自身がどのように歳を重ねることができるのだろうと考え出したからでしょうか?

 | HOME | 

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。