色々な国を旅してみませんか?
08 < 2017/09 > 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくぶりのBlog

2017-07-05 (Wed) 19:31[ 編集 ]
黒海沿岸のトルコのお茶の産地に行ってからBlogをまったく更新サボったまま、月日が流れていきました。

FB、皆さん参加されているわけでもないのですがつい携帯や小さな通信機器から。、アップできるのでBlogアップせずはや、2年その後ミャンマーに行ってきました。食べるお茶の国は初めてです。

雲南にもタイにもお茶をお漬物にしたものがありますが、飲むお茶だけ見学してきました。
ミャンマーは、昔の名前がビルマインドのアッサムとタイの間にある国です。

アッサム種の発見のときここでは、英国とビルマが戦っていました。
アッサムの発見のきっかけとなったジュンポー族の食べるお茶、ラペソー
これに引かれてミャンマーへお茶のたびです。
スポンサーサイト

念願かなって、旧ソ連の茶産地 ジョージアへ!お茶とワインの旅

2015-08-27 (Thu) 23:33[ 編集 ]
2015年5月23日から5月30日まで、ジョージア( グルジア )のお茶の産地に行ってきました。

ロシアに2006年行ったときにロシアの茶畑に行きたくてモスクワのウラジミール先生に尋ねました。

そのときにソチは行けるけれど、アブハジア、グルジアは難しいといわれてとっても残念に思いました。

その後、グルジアワインにもめぐり合い、大好きなお茶とワインの両方訪問できるなんて!!とあこがれていろいろ長年調べ始めました。Geogia tea
Geogia tea
Geogia tea

とっても久しぶりのBlog

2013-08-10 (Sat) 18:01[ 編集 ]
2011年5月より輸出の仕事も兼ねて韓国の茶畑を訪問することが多いです。韓国はお茶を飲まない国のように言われたりしていますがそうでもありません。

日本に来た海外の方たちが和食のお店に行かない限りなかなか日本茶にめぐり合わないのと良く似た現象かもしれません!お茶の葉以外で作られる『伝統茶』が日本よりたくさんの種類があるのでそのほうが一般的なのは確かですが!


2011年に初めて智異山国定公園の近くにある河東の花開に行きました。その秋9月に再度韓国訪問で済州島の茶畑に! そして2013年7月に宝城にある大韓茶園、と河東の茶畑に行って来ました。

kannkoku4

河東 花開にある『千年茶樹』 2011年5月


kannkoku

2010年の冬が大変厳しかったようで茶のダメージがきつく新芽が一つも出ていなくてこの木が枯れるのでは?と心配しました。

kannkoku 2

前にある茶畑はまるでダージリンを思い出させるような風景です!斜面の角度は同じようです!!







久しぶりの杭州・西湖、龍井

2012-06-23 (Sat) 13:35[ 編集 ]
ここ2~3年上海止まりで杭州にいけなかったので今年の緑茶の新茶の時期に杭州に行ってきました。

すっかり杭州も変わり、リゾート博があったせいか、リゾート地として進化しているように思えました。

2012.05 上海・杭州 (461)

すっかり杭州も変わり、リゾート博があったせいか、リゾート地として進化しているように思えました。

2012.05 上海・杭州 (473)

獅子峰や梅家鴻など有名な茶の産地はとても買えないほどの価格となっています。もうじき幻の!とかなるのでは??

続きを読む »

南インド、ニルギリの紅茶産地を訪ねて

2012-04-19 (Thu) 15:27[ 編集 ]
2012年3月  ニルギリに行ってきました。

まずケララの茶畑、

2012.03 南インド (490)

ムーンナールにあるTATAのティミュージアムでお茶の説明がありこんな風に茶の液体をボトルでみせて説明していました。  ということは紅茶だけでなく緑茶や白茶も作られているということです!

2012.03 南インド (726)

ここ、南インドでは鋏を使ってお茶を採取しています。茶摘とはいいがたい!ですが茶の木の形がテーブルのように平らなのはこのペリカンのようなハサミでカットするからです。

続きを読む »

2回目の韓国、済州島の茶畑

2012-04-19 (Thu) 15:21[ 編集 ]
2011年9月  済州島の茶畑とお茶の博物館に行ってきました。

2011.09 済州島 (104)

ここは、島の左のほうにあるお茶博物館の前の茶畑!
2011.09 済州島 (677)


後ろにハルラ山の見える島の真ん中のほうの茶畑!  鹿児島の茶畑のようでした!

はじめての韓国

2012-04-19 (Thu) 14:38[ 編集 ]
2011年 5月に初韓国、お茶の旅に行ってきました。

2010.05 韓国お茶の旅 (384)
河東にある千年茶樹の前の茶園。このあたりは毎年 春に花開という地名の場所で”河東野生茶まつり”が開催され多くのお茶の好きな方が訪れている。日本語の案内も作られていて驚きました。

しばらくぶりのお茶の旅

2009-12-02 (Wed) 18:29[ 編集 ]
と言っても旅がしばらくぶりでなく、Blogに文章を書くのがしばらくぶりです!

10月も11月も書くことが一杯有り過ぎてまとまらずそのままにして早2ヶ月が過ぎてしまいました。

今回は最新のパリの旅でなく(これは又次の機会に!)、10月に行った武夷山について書いてみたいと思います。

1999年 星村鎮にある人民政府の公安へ桐木鎮に入村するために許可書を頂きに訪れました。
保護区の中にはいらないと正山小種 紅茶を作っている場所には行けません。

1999.11 武夷山正山小種

桐木鎮に着いていった始めての紅茶工場です。ティスティングさせていただいたときにサンプルが入っていたお茶の缶を写したものですが 1999年8-9 月に生産されたものです!

1999.11 武夷山正山小種 (12)

この1999年より私の正山小種への旅が始まります。

コーンウォールのトレゴスナン茶園

2009-02-08 (Sun) 12:11[ 編集 ]
1月17日からお店のお休みを頂、英国へ行ってきました。

今回の旅の目的は、コーンウォールのトレゴスナンガーデンの中にある茶園。

英国茶園にも茶園がある、そしてそこでお茶が作られているということを確認してきました。
 
トレゴスナン茶園では、クラッシック・ブレンド、アフタヌーン・ブレンド、アールグレイ、グリーンティなどが作られています。これらの4種類の英国産ブレンド紅茶を試飲する報告会を予定していますので、是非ご参加ください。

 日時:2009年2月28日(土)11:00~13:00
 場所:ラ・メランジェにて
 会費:4000円
    5種類の試飲・トレゴスナン自園製ショーとトブレッド付き
 講師:松宮美惠

ここでも、またトレゴスナン茶園の様子などもご報告したいと思っております。

トレゴスナンエステート (1)

秘密の花園の扉を開けると!

トレゴスナンエステート (2)


こんな茶畑が!

次回詳しく報告させていただきますね!

今一番気に入っているお茶!

2008-09-13 (Sat) 04:44[ 編集 ]
ここ2年、マイブームのお茶が『 桐木ウーロン茶 』。

私が好きな100年以上たった中国種の茶樹で作ったダージリンのように、実生(種から育った木)の茶の木はいろいろなタイプの木が育ちます。最近インドやスリランカの紅茶園で多いクローナル種はいいお茶をどんどん挿芽して増やすので美味しいお茶ができますが複雑味が弱く私は種から増えていった茶で作ったお茶が好きです。
正山小種の産地、福建省武夷山星村鎮桐木村ここは世界遺産の武夷山からもっと高い山深く入っていった特別自然保護区の中の村です。


2008.06 china -1 (962)

武夷山  岩茶を作っている世界遺産の風景区の景色です。


3世界遺産

風景区から車で1時間から1時間半川沿いの道をどんどん山深く進んでいくと桐木村です。

こんなところで作られたお茶!  正山小種でもなく! ラプサンスーチョンでもありません!


正山小種 (54)

岩茶でもありません!  でも烏龍茶です。

香がよくて味わいもよくその国家特別自然保護区の中で無農薬、有機栽培というとっても貴重なお茶です!!

続きを読む »

 | HOME |  »

melangee

お茶をたずねて世界中を歩いているうちに、さまざまな場面にであいました。こんなことをいろいろとご紹介出来ればと思います。題して『メランジェ的世界の歩き方』

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
(C) melangee All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。